予防接種当日のながれ

当院での予防接種当日のながれをお知らせします。

初めてご来院くださる方はきっと不安だと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

BCGワクチンのときだけは、全く異なります。

まず窓口で受付します

約束のお時間5分前頃にご来院ください。

自宅を出る前のお子さんの熱の有無など確認しますので、記入済みのワクチン予診票と母子手帳、診察券、保険証、医療証を窓口にご提出ください。

予診票と母子手帳を忘れてしまうとワクチンは当日受けられません。お気をつけください。

待合室か逆隔離室で待機します

お風邪のお子さんと一緒にならないよう、窓口スタッフが、時間帯により待って頂く場所を考えて、ご案内しています。

待機中に、ベビーカーやだっこ紐からお子さんをおろして診察の準備をしてください。

スタッフは、この間に書類とお薬の確認作業をしています。

お子さんの名前が呼ばれたら、診察室に入室してください

診察室へお子さんをだっこして入室してください。

診察室へは、お子さんのお世話に慣れている方が、お子さんを連れて入室してください。

ここで、当院からお願い事項があります

当院では、安全実施の動線確保のため、お付き添い複数での診察室への入室は、原則お断りしております。

また、病院・診療所内には他の患者様や、同時進行でお着替え中の方、吸入等処置中の方もおり、複数の人間が、各々いろいろな事情で滞在しております。

必ずしも、ハッピーな状況でご来院されている方に限定されないのが、診療所や病院という施設になります。

そのため、院内待合室・診察室では、何が写り込んでしまうかわからないので、記念撮影OKの場所とは考えておりません。

当院では、診察室・待合室でのお写真・ビデオ撮影は、原則お断りいたします。

皆様、当院の方針をご理解いただけると幸いです。何卒ご了承ください。

診察室のベッドを使い、お子さんの診察準備をします

上半身裸か、袖なしタンクトップ1枚になるように準備してあげてください。

おむつはそのまま着用でお願いします。

準備できたら、お子さんを抱っこして白いイスに、一緒に座ります。

お子さんの診察をします

問診、聴診、口腔内確認の上、体調確認してからの接種です。

次回のワクチンの予定と注意事項は、緑の用紙でお渡しします。

当院ではワクチン次回予約時には、この緑の用紙を見ながら予約受付して頂けると間違いが少なくなります。

ワクチン全ての有効期限を保護者と一緒に読み上げ確認します

沢山あるワクチンのときでも、必ず全部を読み上げ確認してから接種しています。

面倒かもしれませんが、お子さんだっこしつつ、ご一緒にワクチンの最終確認をお願いします。

ロタワクチンから開始します(腹ペコで来てくださいね)

経口ワクチンであるロタワクチン同時接種のときは、ロタワクチンを飲むのに大泣きだと飲めなくなるので、先に実施します。

お子さんの体勢から準備します。

医師がゆっくりとお薬をのませるタイミングで、保護者にも動いてもらいます。

何回かにわけて、ごっくんがしっかり出来るまで、お子さんをしっかり、だっこ運動してもらいます。

医師と保護者が、呼吸を合わせないと、上手にお子さんは飲めなくなりますのでご協力お願いします。

帰宅後、通常通りに授乳してもらって大丈夫です。

つぎにお注射です

だっこの体勢をまた変えて、今度はお注射を腕の所定の位置にしていきます。

スタッフがお子さんの腕を抑えさせていただきます。保護者はしっかりお子さんの腰を抑えてくださいね。

お子さんの腰が動くと、注射針が複数刺されてしまうため、出血が多くなります。

注射後は、奥のベッドに移動してお着替えします

診察室の奥にあるカーテンのところにあるベッドで、お子さんのお着替えをゆっくりなさってください。

ベッドにお荷物と記録記載済の母子手帳と緑の用紙をお返ししますので、お忘れなくお持ち帰りください。

お子さん、保護者の身支度をしながら、お子さんの注射後の状態をみましょう。

ただし、注射後すぐに授乳はだめです。泣いていても、授乳は15分以上あけてから…お願いします。

お着替えができたら、受付への通路を通って、受付にお声がけください。(当院は回廊のようになります)

受付でお会計・次回予約受付・お預かりの保険証・医療証・診察券をお返しします

受付で次回予約をお取りください。

ご予定がわからないとき、1ヶ月以上開く場合は、1ヶ月以内になったら、お電話予約してください。

緑の用紙を見ながらご予約くださると、間違いが少ないです。

帰宅してからの過ごし方について

ご自宅に帰ったら、注射部位の絆創膏をすべてはずし、清潔を保ってください。

もちろん、授乳もOKです。

注射当日の入浴時は、必ずお熱計測後にお願いします。

発熱がある時は、入浴は控え、体を拭くだけにして、授乳をこまめにして、経過観察します。

24時間たっても熱が下がってこないなど、副反応以外の症状がある時は、外来受診をお願いします。

今回はここまでです。BCGの流れも作成しました。BCGは5ヶ月からです。

ページ上部に戻る