食物アレルギー

2020-06-26

日本アレルギー学会認定アレルギー専門医(小児科)が診療します。

もしかして?という方は、平日午前中の早い時間帯に、一度ご来院でご相談をお願いしています。

院内感染対策中のため、当日に、お電話を事前にお願いします。

現在は、午前10時頃ご来院をご案内することが多くなっています。

食物アレルギーかも?

食物アレルギーの相談時は、必ずお子様と一緒に、平日午前10時頃を目安にご来院をお願いしています。

アレルギーを強く疑う所見、問診結果があったときは、そのまま血液検査のご案内(生後7ヶ月以上標準対象)をすることがあります。

採血は、原則平日午前のみ実施します。(検体回収時間が曜日ごとに異なります)

検査結果説明・今後の方針説明時(水曜午後の食物アレルギー予約枠)は、できれば、保護者様のみでご来院ください。

ガイドラインに準拠して、当院でのフォローではなく入院施設のある医療機関管理が適切と判断したときは、基幹病院への紹介状をお書きします。

食物アレルギーでご相談の前に知っておいてほしいこと

検査は万能ではありません。

でも、実際に普通に食べられていれば、別にアレルギーではありません。

普段の生活で、普通に食べられているものに関して、痛い検査することは、全くいりません。

血液検査で評価できる食物アレルギーは、一部のみです。(食品により評価方法が異なります)

アレルギースクリーニング検査は病気ではない方へは、保険適応は本来ありません。

検査だけ自費でも…と言われる方がいますが、保険診療の制度では、混合診療となり禁止されています。

自費検査を認めると、厳密にはアレルギー相談、検査、説明のすべての一連の行為が自費診療となります。

そのため、当院では、医師が疑いをもてない状態でのアレルギー検査等は、一切実施しておりません。

他院で症状のない食品に関する検査を勧めた医師側もかなり…問題と思います。

しかし、保護者も簡易検査に同意したのであれば…残念ですが同じです。

簡易検査した結果(普段食べている食品の検査)で陽性がでた?でちゃった?から、除去だけ指示され、あとのフォローは別の小児科へ行くように言われた…ということは、本当に残念なケースです。とても困ったケースになると思います。

どうぞ皆様には、そうならないように、注意喚起をさせていただきます。

私としては、簡易検査を実施された医療機関で、最後までしっかり責任もって…専門外であれば、地域の基幹病院へのご紹介まで、ぜひお願いしたいと思うところです。

※当院は、医師の判断後に、食物アレルギー外来の予約枠のご案内をいたします。

※重症度により、当院フォローできないケースが混在してしまうので、患者様が直接食物アレルギー外来へは、電話でご予約をとれないようにいたしました。再評価の際も、同じになりますので、皆様のご理解お願いします。

 

ページ上部に戻る