ごあいさつ

小児科・アレルギー科(小児アレルギー)・乳児健診・各種予防接種・慢性疾患外来(便秘・喘息・花粉症)・舌下免疫療法実施医療機関です。

当院は日本小児科学会認定小児科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医(小児)による診療です。

IMG_0744 matiai

 

 

 

ごあいさつ 

本日、当院は、地域の皆様のお力添えで、9周年を迎えました。いつも、ありがとうございます。

ふりかえりますと、開院したのは、東日本大震災直後の平成23年6月2日(2011年6月2日)でした。

開院時もどうしたものか…と悩みましたが、10年目を迎え、今は新型コロナ禍にどうしたものか…悩みがつきません。

 

私の自己紹介をかねて、経歴をさかのぼります。ご興味のある方は、お付き合いください。

私は、平成8年に昭和大学小児科に入局し、小児科医をスタートいたしました。今年、小児科医として、勤続25年目のキャリアとなります。今年50歳になりますので、人生の半分は小児科医という節目になりました。

資格は小児科専門医を基盤とし、周りの先生方の影響をうけて、小児アレルギー専門医を取得しました。私自身もアレルギー体質なため、1日たりとも抗アレルギー薬を飲まない日はないので、アレルギーとは日頃から仲良しです。うまくコントロールできれば、怖くない病気だと思えるようになりました。

医学博士号は、昭和大学大学院第2生理学教室で、脳波の研究でいただきました。(ダイポールトレーシングという検査法でした)自分で脳波をとっていたので、今でも少しは脳波所見が理解できるかなと思います。

出産後は、4ヶ月になったばかりの子供がいましたが、ご理解ある上司の方々、同僚たちのおかげで、埼玉県川越市の愛和病院に復帰し、5年間常勤医として勤務いたしました。年間2000件をこえる分娩がある母子病院での経験は、今振り返ると、その後の小児科医人生に大きく影響がありました。慣れない育児と両立しつつ、体力的にも精神的にも、一番きつかった日々でしたが、臨床小児科医として、たくさんの乳児を診察でき、たくさん勉強させていただけた貴重な5年間でした。

現在は、当時の経験を生かして、信頼関係構築はお子様が元気なときから関わることが必要と考え、予防接種・乳児健診等の予防医療にも力を入れています。

その過程で、お子様が1歳を迎える頃に、泣き叫んでいた予防接種やのどの診察も終わって、最後に、私が゛ばいばい”をすると、お子様も゛ばいばい”してくれる関係を、今現在の一番の目標としています。これは、尊敬する小児科先輩医師のお手本があるのですが、一見単純で簡単そうですが、実は、なかなか奥が深く難しく、小児科医引退までに達成できるかも…わかりません。

微力ではありますが、あせらず、ゆっくりと、腰を落ち着けて、地域のこども達のため、ほんの少しでも貢献することができればいいなあ…と思います。みなさまにはご迷惑おかけすることもあるかと思いますが、どうぞ、よろしくおねがいいたします。

 

さて、当院のご案内をします。

当院の立地は、明治通り沿いの上池袋4丁目のバス停すぐ近くです。北池袋駅が最寄り駅です。

池袋駅や王子駅、西巣鴨駅からも都バスに乗ると、アクセスもいいのでぜひご利用くださいね。

地域の皆様、今後共どうぞよろしくお願い致します。 

 

令和2年(2020年)6月2日        院長 小林齢佳 

 

最新のごあんない

令和2年8月からの当院の一般診療体制表​(感染対策のため、かわりました)

 

 土 

 午前 

 予約制(前日から予約可能) 

  

午後

 

 

 

 

 

 

 

 

予約制:前日より電話予約可能です。

完全予約制(※):前日より電話予約可能ですが、当院かかりつけの方のみに限らせていただきます。

乳児健診・予防接種・慢性疾患外来の方は、1か月前よりご予約承っております。

所在地(アクセス)

地図はこちら になります

 

お問い合わせ電話番号

03-5980-0855(おやこでゴー!)

  

 

ページ上部に戻る